「前より食べた」のにぽっこりお腹解消。接待続きでもボディメイク成功!

「前より食べた」のにぽっこりお腹解消。接待続きでもボディメイク成功!

お酒を飲む接待が多いながらも、うまく食事コントロールや筋トレを取り入れ【ぽっこりお腹】を解消!体重-4kg・体脂肪率-6%で、見た目の変化は歴然。同じく「接待続きでお腹が出てきた…」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

全16回(2ヶ月)のプランお疲れ様でした!トレーニングを終えて、率直な感想などありますか?

シンガポール ジム

思ったほど苦労はなかったかなと思います。トレーニングは毎回楽しくやらせてもらえたし、ポテンシャルをキープするのが全然苦にならなかったです!

仕事柄接待も多く、アルコールの摂取をどうしても避けられないことも多く、自分の目標とは反している部分ではあったのですが…うまく自分の生活にトレーニングを取り入れる事ができました。

トレーニングは想定よりも辛くなかったですか?

そうですね!辛くなかったのは『自分の体が変わってきている』のを目で見て感じられたことが大きかったですね。そのお陰でモチベーションを維持できました。

最初、体重が77キロから変わらなかったんですけど、体のラインは明らかに変わってきてたので「信じて頑張ろう!」と思えました。

当初思っていた食事制限と実際にBulkyfitnessで行った食事制限はどうでしたか?

シンガポール ジム

ダイエットする前よりもダイエットを始めてからの方が食べてましたね!特にタンパク質を摂取するために食べるのが大変なくらいでした。苦笑

一つ一つのアドバイスを大切にして、飲み会でも揚げ物を避けたり、蒸留酒を選ぶようにしたり、日々のチョイスも変わってきました。お腹が空いてたまらないということは一度もありませんでしたね。

我々のジムではここで結果を出すことだけを目標としているのではなく、ここからどう続けてもらえるかが大事だと思っています。お食事に関しても、トレーニングに関してもこれからもご自身で継続出来そうですか?

シンガポール ジム

そうですね。

食事に関しては、もう少し炭水化物の摂取量とかは増やしていこうとは思っているんですけど、揚げ物を避けたり、蒸留酒を選んだりというのは自動的に今後もしていくと思います。

食品ラベルなどを気にするようにもなったし、『何に何がどれくらい含まれているか』をわかって摂取するようになったことは将来的に継続していけると思ってます!

自分で何を選ぶべきかの知識がついたのは大きいですね。

トレーニングに関しても全体の筋肉量を増やして代謝を上げていくことからやってきたんですけど、ここに来てパーツを鍛えることも楽しくなってきました。大きい筋肉だけでなく、細かい各パーツも鍛えてさらにバランスの良い体にしていければと思っています。

シンガポールの中にもパーソナルトレーニングジムはいくつかあるかと思いますが、Bulkyfitnessを選んで頂いた決め手はなんですか?

他のジムにも見学やカウンセリングにも行ったんですが、トレーナーの方のパッションや熱量に一番魅力を感じたのがBulkyfitnessだったからですね。

ジムで悩まれている方もカウンセリングは無料なところが多いと思うので、見比べてみるのをおすすめします。

ご入会を迷われている方に一言お願いします!

やはり正しいトレーニング方法や食事に関する知識など、独学でやるのはとても大変です。「どうしようか」と悩むくらいであれば、Bulkyに通う事をおすすめします。

長い人生を考えると、トレーニング費用は安い投資だと思います。シンガポールは特に狭い国で、時間も取りやすいと思います。

土日だけでも変われますので、気になる方には強くオススメします。

接待などでお酒続きの中でも、とても意識高く食事コントロールをして頂けたのがとても印象的でした。トレーニングにもとても真摯にトライして頂き、16回という短い期間にもかかわらず素晴らしい結果となりました◎「飲み会が多く、トレーニングで変われるか不安…」という方にも、しっかりと結果が出ることを証明して頂けました。16回のトレーニング本当にお疲れ様でした!

Bulky History

「こんなに食べてて痩せれるんだ」ストレス無く体脂肪率15%切り達成!

体重-8.3kg・体脂肪率-12%達成!「最も高い投資効果を得られます」

『人生を変える3ヶ月』って半信半疑だったけど、嘘じゃなかった。

ペタンコだったお尻が、自分でも驚く程ヒップアップしました!

体重13キロ・体脂肪20%減少!!「見た目も中身も劇的に変わりました」

過度な糖質制限をやめて細マッチョに!体重-8kg・体脂肪率-7.4%達成!

By |2020-10-25T13:17:16+09:004月 9th, 2019|History|0 Comments